ご挨拶

当施設は、高知市中心部に位置し便利な立地条件にありながらも、とても静かな環境です。病院とともに介護分野の事業もあり、皆様が安心して過ごせる地域づくりのために、主に高齢者を中心とした、看護・介護を行っています。

看・介護部の基本方針としては、医療・福祉の連携をはかりケアの継続に努め、安全・安楽な看護・介護を提供すること。ご家族を含めて、対象者様ひとりひとりを大切に考えたケアを目指し、自己研鑽に努めることとしています。

施設内・外の研修の機会も多く持ち、職員個々のキャリアアップの支援も行っています。

有給休暇の計画的取得や子育て支援など、働きやすい職場づくりにも力を入れて取り組んでいるところです。

対象者の気持ちを何より大切に考え、元気に明るく勤務してくださる方、是非一緒に働いてみませんか。まずは、見学からお気軽においでください。

看護部長 小原 千佐子

理念

地域に支持される病院・施設として、
知識・技術・感性を高め、
安全で質の良い看護・介護サービスの
提供を目指します

基本方針

  • 事故のない安全な看護・介護を目指します
  • 患者・利用者様中心の看護・介護を提供します
  • 連携を密にし、看護・介護の継続に努めます
  • 看護・介護の質の向上を目指して自己研鑽に努めます

具体的取組

1接遇の向上

看護・介護の職業人として、常に適切な言葉づかいができる。
清潔、清掃を徹底する。

2腰痛予防

ノーリフティングへの取り組みを行う。
作業環境の改善にも努め、腰痛体操などを取り入れ、腰痛予防の意識を高める。

3事故防止

事故をSHELLで分析し、対策を立て実践する。必要時、再カンファレンスを実施する。
事故の予見義務の観点から、事故を未然に防げたと考えるヒヤリハットの提出数を増やす。

4個別的な看護・介護の展開

個々の対象者を理解し、疾患のみでなく人としての生活を見据えた計画の立案ができる。
日々の記録においても、個別性のある計画に基づいた記録ができる。

5業務の明確化

マニュアルの整備を行う。
職種ごとの業務の基準を明確にし、連携の取れた業務を行う。

6感染防止

標準予防策を徹底する。
マニュアルを活用し、予防・蔓延防止策がとれる。